沿革

  • 1972年04月

    水野武夫(20期)が友人弁護士2名と共に「昭和法律事務所」を設立。

  • 1998年05月

    「昭和法律事務所」を解散し、同事務所パートナー弁護士であった水野(20期)、増市徹(36期)、木村圭二郎(39期)が、大阪市北区西天満にて、「共栄法律事務所」を共同して設立。

  • 2001年05月

    井関正裕(13期・元山口地裁所長、元大阪高等裁判所上席部総括判事)を客員弁護士として迎える。

  • 2006年01月

    稲田正毅(52期)がパートナー弁護士に就任。

  • 2009年01月

    元氏成保(55期)がパートナー弁護士に就任。

  • 2009年01月

    三木義一(立命館大学大学院法務研究科教授)を客員弁護士として迎える。

  • 2010年01月

    高田晃男(21期)を客員弁護士として迎える。

  • 2011年01月

    木村圭二郎弁護士が代表パートナーに就任。

  • 2013年01月

    谷口由記(32期)をパートナー弁護士として迎える。
    溝渕雅男(59期)がパートナー弁護士に就任。

  • 2014年01月

    濱和哲弁護士(60期)がパートナー弁護士に就任。